オンラインヨガ

 

 その他, ヨガ

先日、オンラインでヨガのレッスンを受けました。

もちろん自社のヨガスクールのレッスン。担当インストラクターは江口チーフ。

リアルレッスンは人数制限をしているので参加を控えていますが、オンラインもインストラクターからみた画面のスペースが少しでも広い方がやり易いだろうという気もしていたので初めて。
レッスンに関してはスタッフの意見を最大限尊重していますが、やはり実際に知ってはおきたいですからね。

一時間で20MB

ノートPCを持ち歩いているし8階スタジオもwifiが使えますが、あえて画面の小さいスマホでwifiを切って受けてみました。

一時間のレッスンでソフトバンクのアプリでみるとデータ使用量は0.02GB(=20MB)。ちょっと少なすぎる気もするので今後も検証してみますが、音声も画像も途中で止まったりはなく、スムーズ(配信側はiPadでwifi経由です)。配信にはZOOMを使っていますが、やはり軽いんですね。

驚いたのは距離の近さ。感じ方は人それぞれだとは思いますが、インストラクターが目の前に居て個人レッスンを受けているような感じ。
画面の小さいスマホにしたので近くに置いた(パイプ椅子の上に小さい三脚で保持)せいかも知れません。

僕はリアルのレッスンは後ろで方で受けることがほとんどなので、むしろ姿も見やすいし、Bluetoothイヤホンを使っての声も全く問題なし。

リアルレッスンとは違う点ももちろんあります。スタッフの声を聞くと、恐らくヨガを長く続けている人ほど、違いを感じるような気がします。ただ、頻繁には通えない状況の方にとってはこれは良い!とあらためて思いました。

今後とのこと

現在、オンラインレッスンは会員の方だけを対象にしていて(そもそも新入会も会員の紹介のみとしています)、今回、同時にレッスンを受けていた10名ほどの皆さんもすべて常連さん。
今後、会員ではない方を対象とすることについては検討中です。生徒さん側からは距離が近く個人レッスンのように感じますが、インストラクター側からは生徒さんの細かい部分の動きはやはりリアル程は伝わりません。ここはスタッフの意見を尊重しながら考えていきたい。

僕自身も、まだ一回だけのことだし、時間をつくってまた参加させてもらおうと思います。今度は工場で受けてみようと思っていて、そのためにまず片づけを始めました…(笑)
ヨガマット一枚分のスペース、なんとか確保したいと思いますww

関連記事:2021年のヨガスクール|オンラインとオフライン

3階スタジオ。インストラクター側からスタジオ入口を観た感じ。束ねているカーテンから右側が2020年12月の改修工事で広くなったスペースです。 右手前のビニールはインストラクターのスペースを囲う飛沫防止のシールド。

 この記事の投稿者

福士宗光

父から継いだ酵素製造と、自身はヨガ素人ながらヨガスクール運営を行っているケルプ研究所2代目経営者。

健康は食生活や適宜の運動を通じて自分自身で築き上げるもの。酵素とヨガでお手伝いすることが使命と考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ