ラグビーワールドカップは2019に日本で行われます|チケット販売はじまってます

 

 その他

是非とも生で観て欲しい

東京オリンピック2020の前年、2019年にラグビーのワールドカップが日本で開催されることはご存知でしょうか?
そういえば聞いたことがあるなーという方もいらっしゃるかも知れません。残念ながら、そうなの?初耳!っていう方もいらっしゃるのかな?

2015年のワールドカップでのジャイアントキリング(ラグビー強国の南アフリカに日本代表が勝ったラグビー史上で最高の番狂わせであり、ゲーム内容も素晴らしく日本代表に対して世界中のラグビー関係者やファンから敬意が表された)で注目された五郎丸選手のルーティーンは記憶に残っているからも多いかも。もう3年前なんですね。

ラグビーのワールドカップは、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ世界的スポーツイベントで世界中からファンが集まってきます。

ラグビーは基本的にはボールゲームで、広いフィールドや時間配分、点差などを考慮した戦略もあれば、局所的な個人技や一対一の攻防といった格闘技な要素など、様々な楽しみ方ができます。是非とも生で観て欲しいスポーツなんですよ。

トップレベルのゲームを日本国内で観ることができるのはめったにない機会なんです。

国によって戦略に特徴があって、それぞれの国のプレースタイルを楽しむことも魅力のひとつですよ。

今週の月曜日から開催都市住民向けのチケット販売が始まり、ようやく一般への周知がこれから本格的になることを期待しています。

ラグビーワールドカップ

これはラグビー繋がりの友人からもらったシール。そろそろスマホとPCが換え時なので、貼ろうと思って取ってあります(笑)

まずはチケットサイトに登録!(登録は無料です)

現在は、開催都市の住民向けにチケットが販売されています。

既に終了したものもありますが、今後も色んなカテゴリーに分けて申込期間が設けられ、順次拡大されますので、まずは公式チケットサイト(https://tickets.rugbyworldcup.com)からチケットIDをご登録ください。

開催都市住民向けの申込期間は、

2018年3月19日(月曜日)~2018年4月12日(木曜日)

抽選結果発表日:2018年4月26日(木曜日)

開催都市…札幌市、岩手県・釜石市、埼玉県・熊谷市、東京都、神奈川県・横浜市、静岡県、愛知県・豊田市、大阪府・東大阪市、神戸市、福岡県・福岡市、熊本県・熊本市、大分県

ちなみに私の街札幌の試合は、

2019年9月21日(土曜日)13時45分 オーストラリア v フィジー

2019年9月22日(日曜日)19時15分 イングランド v トンガ

わー、結構いいゲームが組まれてますー!

チケットの価格は、一番安価なものでは大人5,000円から。試合によって異なりますので、サイトでご確認くださいねー。

 この記事の投稿者

福士宗光

父から継いだ酵素製造と、自身はヨガ素人ながらヨガスクールを運営している会社、2社のケルプグループ2代目経営者。

健康は食生活や適宜の運動を通じて自分自身で築き上げるもの。酵素とヨガでお手伝いすることが使命と考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ