アレルギーと酵素

 

 その他, 健康, 酵素

成人の食物アレルギー

子供の食物アレルギーの原因となる食材に乳製品や卵が良く知られていますが、成人の場合、果物や野菜という人が増えています。果物を食べて口がかゆくなったり、喉が詰まるような感じになるタイプです。

実のこのタイプの食物アレルギーは花粉症との関連が指摘されています。

花粉症はアレルゲンとなる花粉にあるタンパク質が粘膜に接することが引き金になっているらしいのですが、そのタンパク質と果物や野菜の一部のタンパク質の形が似ているため、口内や喉の粘膜に触れることで反応が起こっているというのです。

そのため多種類の果物や野菜を原料として使っている酵素を飲んで大丈夫だろうか・・と心配される方もいらっしゃるといいます。

酵素の原料は?

ちなみに弊社酵素の原料に使われているのは以下の野菜や果物。

結論からお伝えすると、飲料としての酵素の中のタンパク質は形が変わっているので心配する必要はありません。

F&E酵素の原料

こんな原料が使われています。 甜菜糖、大根、リンゴ、ニンジン、キャベツ、キュウリ、ゴボウ、セロリ、ホ ウレン草、ナス、バナナ、タマネギ、モヤシ、ニンニク、トマト、ショウガ、 ピーマン、生椎茸、昆布、塩、スイカ、ブドウ、レモン、メロン、梅、桃、ミ カン、ハクサイ、ナシ、スモモ、柿、小松菜、キウイ、アボカド、チンゲン菜、 アスパラガス、ワサビ、レンコン、レタス、パセリ、ニラ、春菊、ジャガイモ、 シシトウガラシ、サラダ菜、サツマイモ、クレソン、カリフラワー、カボチャ、 オクラ、エノキタケ、明日葉、ミョウガ、三つ葉、万能ネギ、菊の花、オオバ

実際に、花粉症や野菜や果物にアレルギーを持っている方も積極的に飲んでいらっしゃいますしね。

ただ、アレルギーは人によるというか、仕組みが分かっていない部分もたくさんあるので、アレルギーをお持ちで初めての方は少しずつ飲んでみると良いと思います。

花粉症の季節が近づいています

本州では既に花粉が飛び始めていると思います。北海道もだんだんその季節が近づいていますね。

花粉症に悩まされる人が増えてきたのはいつの時代からでしょうか。杉の植樹が増えたことや気候変動なども要因とされていますが、僕たちはアレルギーは腸に原因があるという説を支持していて食生活の変化がひとつの要因だと考えています。

アレルギーは免疫反応の一種。本来反応しなくても良いものに反応が起こっていたり、反応が過剰になっている状態ですが、食物アレルギーではなくても腸内環境や腸の状態が関わっているという説があるのです。腸には免疫にかかわる細胞がたくさんあって身体の免疫バランスに影響も大きい。

酵素は花粉症の方も積極的に飲まれています。特に季節の前に断食をしておくと楽に過ごせるという方も多く、春は断食おすすめのタイミングでもあります。

 この記事の投稿者

福士宗光

父から継いだ酵素製造と、自身はヨガ素人ながらヨガスクール運営を行っているケルプ研究所2代目経営者。

健康は食生活や適宜の運動を通じて自分自身で築き上げるもの。酵素とヨガでお手伝いすることが使命と考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ