『経営に役立つ脳科学』

 

 その他, ヨガ

今期最後の札幌支部経営指針委員会でした。

午後一の予定は、今期最後の札幌支部経営指針委員会でした。

午後から同友会の一日だった

昨日の午後一番は、13時から中小企業家同友会の札幌卸センター共同会館での経営指針委員会。

その後、札幌プリンスホテルのパミール館へ。未知の会の30周年記念講演会に行ってきました。とっても面白かった。

未知の会は、同友会札幌支部のいわば青年部。50歳で卒業という部会です(ちなみに私はメンバーでも、OBでもないのですが、メンバーからチケットを購入して参加しました)。

澤口先生。スライドをみている時間の方が多かったかも。

澤口先生。先生よりもスライドをみている時間の方が多かったかも。

 

脳科学の澤口俊之先生という先生が講師。TVでおなじみということですが、すみません、僕は知りませんでした。

ご本人がおっしゃる通り、滑舌は良くなくて、字幕代わりだというスライドがあって大変助かりました。(笑)

 

人間性知能HQ

前頭前野の知能として近年知られるようになった「人間性知能HQ」が仕事、恋愛、結婚や幸福感にも重要だというお話です。

HQが高い人ほど、

  • 仕事が出来て指導的立場に立つ
  • 年収が高い
  • 恋愛や結婚が良好に
  • 夢をかなえられる
  • 寿命が長い

その他、多くの事柄に関係するそうです。

HQは「脳の監督役」として脳の統合センターともいえる前頭前野の知能で、中心は「目標達成能力」。だから『経営に役立つ脳科学』ということなのですね。

お話の概要はこんな感じ

お話の概要はこんな感じ

 

そのほかにHQと関係するのかどうか、はっきり理解できませんでしたが、リーダーは顔の幅が広い方が良いとか、人差し指より薬指が長い方が経営に向くとか、女性が一定数いる集団が良いとか、色んなお話がありました。

うちの会社は女性が圧倒的に多いし、何より顔の幅には自信があるなぁ(笑)

 

「有酸素運動」と「夢を持つこと」

HQを高めるために良いこととして色々と挙げられていましたが、脳トレよりも「有酸素運動」、そして「夢を持つこと」が重要だとおっしゃっていましたね。

特に経営者にもっとも重要なことはという問いに対しては「夢を持つことしかないでしょ!」とのお答えでした。

夢のない経営者に誰がついていこうと思うのか、と、、、確かに。また夢をどう伝えるのか、それが経営者にもっとも大切だろうと。

 

これを極めて僕流に解釈させてもらうと、

「有酸素運動」=「ヨガ」

「夢を伝える」=「経営指針の成文化と実践」特にビジョンの共有

ということになりました。いかがでしょうか。(笑)

 この記事の投稿者

福士宗光

父から継いだ酵素製造と、自身はヨガ素人ながらヨガスクール運営を行っているケルプ研究所2代目経営者。

健康は食生活や適宜の運動を通じて自分自身で築き上げるもの。酵素とヨガでお手伝いすることが使命と考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ